正式な手紙の折り方マナー

和封筒(三つ折り)

手紙の書き方だけでなく、便箋の折り方や封筒の入れ方にもマナーがあります。ビジネスや、人生において改まった手紙を送る場合の基礎知識。しっかり身につけておきましょう。

手紙の折り方マナーの基本は、縦書きの便箋を三つ折りにし、白無地で裏紙のついた二重の封筒か、少し厚めの封筒に入れますが、弔事やお見舞いの手紙に関しては、不幸が重なることのないようにという意味を込めて、一重の封筒を使います。

ここでは、和封筒に入れる場合の三つ折りの手紙の折り方と、封筒の入れ方を説明します。


和封筒(三つ折り)の手紙

1.手紙の書き出しが右上にくるように文面を表にして置きます。
2.三つ折りの目安をつけ、下から上に1/3折り上げます。
3.残りの1/3を、上から下に折り重ねます。
4.「拝啓」などの書き出しが上、便箋の上端が右になるように入れます。(封筒の表側から見て左)
5.のりで封をし(テープ不可)、封じ目には「封」や「〆」と書きます。

和封筒(四つ折り)

和封筒に入れる手紙は、通常三つ折りにしますが、封筒のサイズによっては四つ折りにします。

折り数はできるだけ少なくし、手紙の折り方も封筒の入れ方も、相手が開いた時に読みやすい状態にすることがマナーです。

ここでは、和封筒に入れる場合の四つ折りの手紙の折り方と、封筒の入れ方を説明します。


和封筒(四つ折り)の手紙

1.手紙の書き出しが右上にくるように文面を表にして置きます。
2.下から上に半分に折り上げます。
3.もう一度下から上に半分に折り上げます。
4.「拝啓」などの書き出しが上、便箋の上端が右になるように入れます。(封筒の表側から見て左)
5.のりで封をし(テープ不可)、封じ目には「封」や「〆」と書きます。

洋封筒(縦書き)

洋封筒は主に、挨拶状や招待状、案内状(DM等含)を送る場合に使われます。和封筒と異なり、長い方の辺が開く形になっているため、カードや写真を同封する場合にも便利です。

和封筒と同様、白無地の封筒を使用するのが基本で、洋封筒を縦書きにする際は、封じ目の向きをしっかり確認して入れるようにしましょう。

また、郵便番号の枠が無い洋封筒は、封じ目を逆にする弔辞の手紙を送る場合に適しています。

ここでは、洋封筒に入れる場合の縦書きの手紙の折り方と、封筒の入れ方を説明します。


洋封筒(縦書き)の折り方

1.手紙の書き出しが右上にくるように手紙文を表にして置きます。
2.左から右に半分に折り合わせます。
3.下から上に半分に折り上げます。
4.手紙の書き出しが左上になるように封入します。(封筒の表側から見て右)

洋封筒(横書き)

一般的に、横書きの手紙は、親しい相手に送る時のカジュアルな手紙として使われるものです。

最近、特に若者の間では横書きの手紙を利用するケースが増えてきましたが、目上の人に宛てる場合や、改まった内容の手紙を送る場合は縦書きの便箋を使用するようにしましょう。

ここでは、洋封筒に入れる場合の横書きの手紙の折り方と、封筒の入れ方を説明します。


洋封筒(横書き)の折り方

1.手紙の書き出しが左上にくるように手紙文を表にして置きます。
2.下から上に半分に折り上げます。
3.右から左に半分に折りあわせます。
4.手紙の書き出しが左上になるように封入します。(封筒の表側から見て右)